深谷市産業祭に参加します。

「深谷市産業祭」は「農業祭」として始まったといわれており、今では深谷市内の商工業と農業の勤労感謝を集めたお祭りに発展したそうです。

深谷市産業祭は、JR深谷駅から深谷市役所へ通じる大通り沿いが会場となり、市内各企業の製品、農家の方々が育てた新鮮な野菜や切り花などの展示・販売や無料配布などが行われます。


今年で17回目の深谷市産業祭の詳細は、下記のサイトで紹介されています。


深谷市産業祭

https://www.sangyosai.com/


風林企画も、深谷市産業祭に参加します。

農場で採れた新鮮な野菜をメインに、埼玉県北部の郷土料理「みそポテト」、ポップコーン、古着などを販売する予定です。


ポップコーンを作る機械の試運転で作った、いちご味とキャラメル味のポップコーンは事業所の昼食に。美味しく出来たポップコーンは好評だったとのこと。

産業祭で販売する古着等もダンボール箱に詰めました。


事業所でも、展示・販売予定のぶどうの蔓と松ぼっくりやリボンでリースを作りました。


ぶどうの蔓を洗って、円形にしてよく乾燥させます。

リースに飾りつける松ぼっくり等も、よく洗って汚れを落として乾燥させます。


乾燥したら、スプレーで色を付けていきます。金色と銀色なのですが、派手にはならずシックな感じになっています。


円形にしたぶどうの蔓は、ばらけないようにリボンをきつめに巻きつけつつ、飾っていきます。リボンの端は、蝶々結びにして飾りの一部にしたり、ぶら下げて飾れるようにしました。

リボンを巻きつけた後は、スプレーで色付けした松ぼっくり等をグルーガンで貼り付けて、さらに飾っていきます。

出来上がりは、こんな感じです。手作り感あふれる、シックな仕上がりになりました。


出来上がったリースのうちの一つを、事業所に飾ってみました。どうでしょうか?


手作りのリースの他に、配布する風林企画のチラシやパンフレットも用意しました。

深谷市産業祭の風林企画のブースで、お手に取っていただければ幸いです。(と)



【追記】2022年11月7日

深谷市産業祭自体も盛況だったそうですが、風林企画のブースも盛況で、メインの農場で採れた野菜は早々に売り切れるものがいくつも。事業所から出品した古着も完売。私達の作ったリースも多くの方に手に取っていただけたと、スタッフの方から伺いました。


また、産業祭で配布したチラシや風林企画のパンフレットを見て、寄付に関する問い合わせの連絡もいただいているとのこと。


本当に、ありがとうございます。(と)