農場で育てた野菜を売ってます。

風林企画の農場でも、障害や疾病を抱えている方が何人も働いています。


機械を扱える方は、機械を使って農地を耕したり、収穫をしています。

機械を扱えない方は、スタッフに教わりながら、機械を扱えるように頑張っています。

どうしても機械を扱うのが難しいという方は、手作業での収穫や草むしりをしています。

作物の間に生えた雑草を、農薬を使わずに手作業で抜いていくのが、一番大変だと話していました。


無理をしないで、できることを少しずつ増やしながら、風林企画の農場で働いている方々ばかりで、作業する方に合わせて作業をコーディネイトしているのは、風林企画の事業所も同じです。


広々とした農場で育てた野菜は、農場の敷地内にある直売所で売っています。

今の時期は、ナスやきゅうり、じゃがいもなどが、たくさん採れています。


農場の敷地内の直売所では、じゃがいも、ナス、きゅうり、にんじんが、どれでも一袋100円と格安で販売。とてもお得です。


直売所に行ったのは午後。直売所の野菜は、写真にあるだけしか残っていませんでした。売れ行きはとても良いようです。


にんじんの収穫はほぼ終わり、新しい作物を植えている最中でした。

他の直売所との差別化をはかるために、普通のナスだけでなく、珍しい種類のナスを二種類植えたそうです。

今期、はじめて育てるナスだそうなので、どんな風に育ち、どんな味のナスになるか楽しみです。


先日、埼玉県北部では雹が降って、収穫間近のとうもろこしをはじめとする、多くの農作物が被害に遭いました。しかし、風林企画の農場のとうもろこしは無事で、もう少しで収穫できそうな感じでした。





また、11月に収穫できるようにと、今からとうもろこしの種を撒いていて。ちょうど、芽が出てきはじめていたところでした。収穫の時期をずらすことも、他農場の直売所との差別化の一環とのこと。






風林企画の農場では、色々と試行錯誤をして、差別化をはかりつつ農作物を育てています。


風林企画の農場で育てた野菜を売っているのは、農場内にある直売所だけではありません。

深谷駅から徒歩10分くらいのところにある七ツ梅酒造跡は、現在は映画館「深谷シネマ」と複数の店舗の入った施設になっています。


この七ツ梅酒造跡の中山道側の入口から入って、直進して右手側に「朝採り新鮮野菜」のカゴいっぱいに、新鮮な野菜を格安の価格で売っています。

映画を見に来たお客さんが、風林企画の新鮮な野菜を手にとって、買っていってくださっています。



風林企画の農場で育てた野菜は、農場内の直売所と七ツ梅酒造跡内の直売所で購入できます。その他にも、毎週金曜日には、深谷市役所内の出入口付近に出店しています。

不定期ですが、育てた野菜がスーパーで売られることもあります。



風林企画の農場で採れた野菜を見かけたら、ぜひ購入して味わってみてください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。(と)