青パパイヤの収穫が始まりました。

先日、農場に来た時よりも、パパイヤの木は大きく育ち、ここだけ日本ではないような風景が広がっていました。


「上から見ると、もっとすごいよ」

と、作業で使用する農耕車の荷台に乗せてもらい、高いところからパパイヤの木を撮らせていただきました。一面にパパイヤの木が葉を広げている風景は、本当に圧巻でした。


近くに住んでいる東南アジア系の方々が、ちょくちょくパパイヤの様子を見にきていたそうで、パパイヤが実をつけ始めると、

「このパパイヤの木についた実は全部買います!」

と、青パパイヤの木を指定して、木を丸ごと購入する方がいらっしゃるくらい、風林企画で育てているパパイヤの良さは、近くに住む東南アジア系の方々に広まっているようです。


青パパイヤの写真を撮った後、

「風林企画で採れた青パパイヤを、店の料理で使わせて欲しい」

というタイ料理のお店の方が来ていました。航空自衛隊熊谷基地の近くに、タイ料理の店を出すというタイ人の方々です。今はまだ開店準備中で、10月初旬にオープンとのこと。


「ランチはやってますか?」

「最初のうちは夜の営業だけ。軌道に乗ってきたら、ランチの営業も考えます」

ランチの営業が始まったら、風林企画の食事会で行ってみたいです。


農場の方が、

「青パパイヤは、食べ方がわからないせいか、日本人にはあまり売れない」

と、ぼやいていました。

このブログでも、何度か青パパイヤの食べ方を紹介していますが、私自身も食べたことがないので、青パパイヤの魅力を伝えきれていないと思います。


「事業所にも、青パパイヤを売りに来てください!」

と、農場の方にお願いしておきました。農場の青パパイヤが手に入った時に備えて、いろいろとレシピを調べている最中です。


酵素たっぷりの健康食品として、人気が出てきつつある青パパイヤ。

ぜひ、料理して食べてみたいです。(と)